自分とつながる×他者とつながる

追い求めるあなたのための場と仲間

追い求めるあなたのための場と仲間

SCROLL

追い求めるあなたのための場と仲間

コロナがやってきて、世界は一変しました。たとえワクチンが出来ても、世界が元に戻らないことを、多くの人が気付いています。いままでの「当たり前」が通用しなくなり、マスクを手放せない「新しい生活様式」は息苦しく葛藤や矛盾に満ちています。
そもそも、いままでの「当たり前」って、本当に当たり前だったのでしょうか?
この文章を読んでくださっているあなたなら、もしかして「当たり前」に対して疑問や距離や問題意識を感じていたのではないでしょうか?

“しゅぎょう”とは?

しゅぎょうカンパニーは、「自分らしくあること」と「人とつながること」を両立させる在り方を追求する場と仲間です。それに向けた取り組みを、今回はちょっとだけストイックに「しゅぎょう」と呼んでみました。

“カンパニー”とは?

カンパニーとは仲間のこと。スタンダードがもともと合わない人、疑問の人、もっと自分らしく生きたい人、自己満足でなく他者や社会とつながりたい人、しゅぎょうカンパニーはきっとあなたのための場と仲間です。

カンパニーで得られる3つの宝物

かけがえのない学び・場・仲間が待っています

一人ひとりで取り組むしかないことも多い「しゅぎょう」を、みんなでやるのが「カンパニー」です。
あなたの知っているどんな場とも違う、新しい場が出来ました。

1DAY・2DAYS・CAMPプログラムがスタート 

参加しやすいプログラムが出来ました

東京では緊急事態宣言が延長され、「長期間のプログラム(5月〜10月・全15回のレギュラーコース)には参加しにくい、所属する会社や組織からの許可が下りないという声をいただきました。
そこで、しゅぎょうカンパニーの主要構成要素である(1)座学(知的な学び)、(2)ワーク(身体的な学び)・(3)実践(それらのブレンド)の3要素のうち、まずワーク(身体的な学び)を体験出来るプログラムを用意しました。

それぞれ、単発で気軽にご参加いただけます。日常を置き去りにしてワークショップに行って満足するのではなく、日常そのものをワークショップ化するために、出来るだけ継続的にご参加ください。

5月

1DAY

自分とつながることと他者や社会とつながることを両立するために、必要なこととは何か?そして、その手がかりとしての「身体的な学び」とはどのようなものか?1日だけのプログラムですが、しゅぎょうカンパニーのエッセンスをぎゅっと詰め込みました。

6月

2DAYS

私たちが日常生活で主語にしている「私」とは、思考したり意志決定をしたりする顕在意識としての私です。しかし、身体には普段は意識されない「もうひとりの私」がいます。その私と出会い尊重することで、自分自身との深いつながりを感じ取ることが出来ます。

7月

CAMP

2泊3日の合宿形式で開かれる集中プログラムです(野外キャンプではありません)。自分自身や自分の生活を客観的に見つめなおし、普段あまり意識されない「身体としての私」と出会い、他者とかかわるプログラムです。快適な宿で過ごせますよ。

BEFORE

日常生活(100%)

AFTER

日常生活(85%)
しゅぎょうカンパニー(15%)

戦略的に自分らしい日常を創造します

左側(スマホでは上)に示したのは、いまのあなたの日常生活です。日常を構成する要素は、仕事・家庭・友人関係など様々です。変化をもたらしたいと思っても、日常生活は円となって完結しています。

右側(スマホでは下)に示したのは、カンパニーのある暮らしです。日常を相対化し、変えていくための場を生活に組み込めます。日常を維持しつつ、戦略的に変化やドラマを招くことが出来ます。

よくある質問

新型コロナウイルス対策はどうなっていますか?

「カンパニー」とはどういう意味ですか?

参加証明(修了証)や資格などはもらえますか?

「しゅぎょう」とは何のことですか?

「場づくりクラス」とは何が違いますか?

遅刻や欠席をする可能性があります

オンラインで参加出来ますか?

TOP